2017年7月22日土曜日

ナチュラルに合わせたい真夏のVioRou


(VioRou:Rie col.1453/711,1460/716,1451/2132 43□26-140)


いっきに写真を並べてみました。VioRou(ヴィオルー)新作!
3層のアセテート生地を、とっても凝った加工で魅せてくれます。
ここまでやるだなんてちょっとウキウキしちゃいましたよ思わず。

いまの時期だとクリアカラーが人気あるかなーなんて考えつつ、
店長のおすすめはブラック×ピンク×オレンジのハロウィンカラー。

VioRouコレクションは、丸や四角などハッキリとした形状のものが
多いイメージではないかと思うのですが、眉ライン(とくに眉頭)や
お顔のパーツに不思議としっくりとなじむデザインが特長でもあり、
眼鏡の主張が激しいといった印象には不思議とならないのです。

来月くらいには同シリーズのボストンタイプも入荷予定です。が、
カラーはRieとは異なる展開になると思いますのでまずはご覧あれ。



通勤時のバス車内で最近よく見かける京都水族館のかわいいPR。

「個性的な眼鏡をかける」のももちろんアリだけど、どちらかというと、
「その方の良いところ・個性が引き立つ眼鏡」を今はセレクトしています。
自分になにが似合うのかなんて大人でもなかなか知らないもの・・・
でもそのためのスタッフですからね。とことん、ご相談にのりますよ!







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年7月16日日曜日

ラモートのすっきりヴィンテージスタイル


(RAMOT EYEWORKS:RM-009 51□19)


本日はRAMOT EYEWORKS(ラモートアイワークス)新型の到着。
ヴィンテージ感のあるハイブリッジタイプはラモートでは初ですね!
とはいえクラシカルに落ち着きはしないラモートですので現代的。



ハイブリッジのこのかんじ・・・今の店内には他にありません。
圧迫感なくさらっと合わせてサマになるのがラモートのよいところ!
メンズにはもちろんよし。メンズっぽくかけたい女子にもまたよし。
鼻筋スッキリ効果も期待大。度付きサングラスにもおすすめです。

新シリーズからはもう1本入荷しております。
そちらはムーラInstagramなどSNSにてご紹介中ですのでぜひ。



さて。祇園祭盛り上がっていますね。お出かけになりましたか?
ミラクル美味しい”しみだれ豚饅”には今年もありつけそうになく・・・涙
チョコミントフラッペはとっくに販売終了だしココロ折れている店長です。

そして最後になりましたが、
土曜日のレンズ相談会へのご来店まことにありがとうございました!
たっぷりと時間をとっての提案、喜んでいただけたようでよかったです。
通常も、じっくりと相談したいよーという方はお気軽にご予約ください。

次回は大人女性にぴったりなイベントを企画中ですよ。お楽しみに。







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年7月8日土曜日

プロポ新作たち+7月定休日のお知らせ


(propo:MAY col.1,4)


【2017年7月の定休日】

4日(火)
11日(火)
18日(火)
25日(火)

すっかり夏、ですね。
祇園祭の前祭(さきまつり)宵山の歩行者天国は15・16日だそう。
今年もお囃子を耳にできたらいいなと思います。というか耳にします笑

ちょっと遅くなりましたが今月もいつもどおりの営業ご案内です。
7月も眼鏡屋MuRAをどうぞよろしくお願い申し上げます。


(propo:KATE col.1,4)

(propo:DANY col.04)


propo(プロポ)の新型3モデルがそれぞれ3~4カラーずつ入荷しています。
赤×ゴールドに、ミルキーブラウンに、グリーン・・・とーってもかわいい!
そのほかのお色は店頭で。大人っぽく都会的なお顔をつくってくれますよ。
店長はKATEを狙っておりますが人気のためしばらくお預けです。。。

サングラスも残り少なくなりますので、ぜひお早めにお出かけください。







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年6月26日月曜日

7/15(土)メガネレンズ相談会を開催します



レンズメーカー「HOYA ビジョンケアカンパニー」さまご協力のもと、
7月に眼鏡屋MuRA店内にて”メガネレンズ相談会”を開催いたします。

ただ「見えるメガネ」ではなく「より楽で疲れずに見えるメガネ」が大切。
眼鏡店によって検査方法やメガネレンズも同じではありません。
この機会に、両眼での見え方を考慮した当店の検査を体感していただき
レンズエキスパートによるわかりやすいレンズのお話を聞いてみてください。


開催日:7月15日(土)
場所:MuRA店内
ゲスト:HOYAレンズエキスパート 浅野正好氏

*相談会当日は時間帯予約制となります。
ご希望の時間帯をお電話にてお知らせくださいませ。
(おひとり様1時間30分、先着順にて5組限定です)

・11:00 ~ 12:30
・12:30 ~ 14:00
・14:00 ~ 15:30
・15:30 ~ 17:00
・17:00 ~ 18:30

ご予約のお電話はこちらまで
(受付時間は火曜定休日以外の10時から20時のあいだ)

075-392-3431

もちろん開催日以外のお日にちでのご相談も、どうぞお気軽に。

みなさまからのご予約・お問い合わせを心よりお待ちしております。


眼鏡屋MuRA スタッフ一同







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年6月24日土曜日

似合う色とめがね選びについて、店長の考えメモ。



ファッションにおける似合う色・形・質感を見極める方とお会いして刺激大。
というわけで、今回は「似合う色」についてすこし触れてみたいと思います。

自分に似合う色を知り、なかでもとくに顔周りに似合う色をもってくることは
とても大切だと考えておりまして、例えばメイク・ヘアカラー・帽子・トップス。
チョイスする色によっては顔色が悪くみえたり実年齢よりも老けてみえたり。

好きな色と似合う色のバランスがある時期から気になりだしたーなんてことを
考えたことはありませんか。ある程度年齢を重ねた大人だと、長年の経験の
積み重ねによってなんとなく分かっていたりする場合もあるかもしれませんね。
でも!眼鏡のことになると急に!混乱しちゃう方が多い気がするのですー!

ここで、同型で、定番色のイメージが強いブラウン系を2本並べてみます。



試着して、デザインもサイズもしっかりと似合うモデルだと知ったうえで、
ご自分ではどちらのブラウンを選びますか?またはどちらも大丈夫そう?


(OPORP:FLORA col.MU*当店限定色,2)


わたしは、この2色を同じ方へ提案することはほとんどありません。

理由もありますが、その基準はお店や人によってちがうかもしれないし
お客さまの服装やメイクのお好みなどによって提案が変わることも。
そんなの関係なく私は私の好きな色をかけちゃうぞー!それも楽しい。
そこらへんのことは得意だから自分で選べるよー!それもまた良し。

でももし自信がなかったり、過去に自分で選んで失敗したことがあったり
迷うことが増えたと感じている方なら、きっとお力になれると思いますよ。
最近とくに迷える30~40代くらいの方が多くなったという実感が強いです。

たくさんお話を聞かせていただきながら、じっくりと個別に提案いたします。

ご相談はいつでもどうぞ。出勤日などもお気軽にお問い合わせくださいね。







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年6月17日土曜日

京都のひとはあまりサングラスをかけない?


(KAMURO:brise col.1457)


「こっちって、運転するときもサングラス掛けないひと多いんだなあ」
とは、以前に東日本の同業仲間が遊びにきてくれたときのひとこと。

それでもひと昔前より増えてきているのではないかな?と思いつつ、
ゴルフだったり釣りやランニングなど絞った部分で必要性を感じないと
後回しにしがちなアイテムかもしれないなと少し感じていたりもします。

あなたは、どうですか?サングラス。

”目から紫外線が侵入すると、肌のメラニン生産量が増える”ですとか
”晴天の太陽光の青色光はオフィス環境の100倍にも達する”ですとか
”紫外線こそがあらゆる眼病の原因のひとつと言われている”などなど、
目を守るための対策としてもっとも取り入れやすいものがサングラス。

たぶん、なんとなく分かっているんだ「けど」というかんじなのではー!
べつに今までとくに困ったこともないし、旅行のときにあればいいかな、
だいたい自分には似合わないしサングラス・・・そんなところでしょうか。

そう、眼鏡もだけど”自分には似合わない”がポイントではないか、そして
”似合うサングラスを今まで知らなかっただけですよ”とお伝えしたい。
きちんとつくられたサングラスをお顔に合わせてきちんとフィッティングを
すると、ほっぺたにもつかないし下がらないし、痛くなったりもしませんよ!

自分にぴったりと似合う1本からはじめてみませんか。
度付きも度なしもシーンに合わせたレンズも、いつでも提案いたします。



そんなことを梅雨とは思えないカラッと晴れた週末に考えておりました。
うう、これから夏にかけてまたカーテン全下ろしな日々がはじまる・・・
さすがにそろそろスクリーン自体をアレンジしようとスタッフとも相談中。

定休日の火曜以外は営業中ですのでドアをのぞいてみてくださいね、っと!







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年6月10日土曜日

いつものめがねと、趣味用のめがねは別なことも。


(propo:ANN col.2, HANA col.1)


フェスやコンサートに行ったり映画・舞台などを鑑賞する際に、
いつもの眼鏡にするか?コンタクトレンズにするか?というお話は定期的に
耳にします。コンタクトだと目が乾きやすいからーという方の場合ですよね。

”いつもの眼鏡”の度数がどれくらいなのかにもよるのですが、
わたしの周り(基本が眼鏡)は遠方がよく見える眼鏡に掛け替える人が多い。
「いつもの眼鏡よりももっと、遠くがよく見える度数のもの」ということです。
そしてその1本はほかに、車の運転時にも掛け替えることが多くなるようす。

では最初からその1本だけ持っていればいいのではないか?
というのが当たり前のように感じる方もいるかもしれませんが・・・

遠くがよーく見える眼鏡でお家でずっと過ごしたりデスクワークをしていると
度数にもよるので個人差はありますが、だいたい、目が疲れやすいはず。
あっ!と思われた方は認定眼鏡士のいるお店で検査をしてもらうと良いです。


使うシーンによっての(デザイン的な要素での)掛け替えも大切ですが
何を見たいか・何を見るときに使うのか、という目的による使い分けは、
毎日の生活をおくるうえで生じるストレスの軽減に効果的だと思います。
お仕事に関わってくる時間はもちろん、オフシーンでの趣味時間も大切に。

ドライブ、鑑賞、読書、スポーツ、ゲーム、絵画、手芸、ネット動画、など。
年に2~3回のことなのであれば必要性は感じられないかもしれないけれど
月に・週に複数回となるとやっぱり必要に応じた使い分けを推奨したいです。

そのほうが今より楽に、もっと楽しめるだろうなって、最近とくに思いますよ!
用途別におすすめしたい機能レンズや機能カラーも種類がたくさんあります。

「じゃあ、〇〇が好きな自分の場合はどうなんだろう?」

使い分けの度数や機能の提案。いつでもお気軽におたずねください。







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431

2017年6月3日土曜日

着物と眼鏡【14】アイウェアあわせも楽しい



平安神宮にて開催された「京都薪能2017」を鑑賞してまいりました。
なんだか現代なんだけれど別世界にタイムスリップしたかのような感覚、
帰宅してからもしばらくボーッと過ごしてしまいましたね。素敵でしたよ。

そんな行事があってもなくても、京の街にはいつもお着物女性がたくさん。
帯などの小物あわせにも目が行き眺めているだけでも楽しいものです。

そんな小物あわせ、もっとアイウェアが取り入れられたらもっと楽しいな!



コンタクトでもフチなしフレームでももちろん良いと思うのですが、
そうでなくてはいけないッ!というわけではないとも思うので・・・
ここしばらくはもっぱらVioRou(ヴィオルー)合わせがおすすめ。
モダンな雰囲気を出しつつナチュラルにまとまります(実験ずみ)。



お着物や帯の色合いにリンクさせると失敗の心配もなさそうですよね。
左はキモノメガネ、右はFLEA(フリー)、上はKAMURO(カムロ)。

プラスチックフレームに慣れている方も多いのではないかと思いますが
個人的にはすこしデザインに遊びをもたせたメタルフレームのほうが、
アイウェアあわせ初心者さんもバランスよく取り入れられる気がします。



でもとにかくオールマイティに使える一本がほしいの!というあなたには
こちら。ふだんはそんなオススメのしかたはあまりやらないわたしでも、
OPORP(オポープ)に関してはそんなオススメのしかたもしちゃうよ!
(こちらも実験ずみ)なんにでも合う=地味、ではないと感じる1本。

ほかにもたくさんのご提案ができますよ。ぜひ合わせてみてください。



それにしてもお能で使われるこちら。昔のハンサム顔の定番だそう。

まじまじと見つめてしまいました。。。







眼鏡屋MuRA

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP】【桂駅からの歩き方
TEL (075)-392-3431